Review of 羊の国のラブラドール絵日記シニア‼︎〜虹を渡ったクロエちゃん〜

羊の国のラブラドール絵日記シニア‼︎〜虹を渡ったクロエちゃん〜
羊の国のラブラドール絵日記シニア‼︎〜虹を渡ったクロエちゃん〜

読ませていただきました。なかなか読む時間がなく、唯一時間があるのは通勤電車の中。。。予想していたので避けたかったのですが、読んでしまいました。号泣・・・・鼻水と涙が止まらず下を向いたまま帰ってきました。ゆうさんの気持ちがすごく伝わってきてとても暖かい気持ちになれました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ゴルディ

ラブを飼ってると良く分かる行動パターンに大笑い。
そして涙が止まらなくなりました。
うちの2匹のラブが私の涙にびっくりしていて、慌てて涙を拭いました。
クロエちゃんは虹を渡っても私の心の中では生き続けています。
ゆうさんの暖かい心に触れて、今ここにいる子達をもっと愛して上げなければと強く思いました。ゆうさん、クロエちゃん、エビちゃんに出逢えてよかった

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
走るアザラシ

読み始めるのがちょっと怖かったです。でも時には笑いながら、でもほとんどは号泣しながら一気に読ませていただきました。クロエちゃんはホントにガーディアンエンジェルだったんだな~と感じました。そしてゆうさん・クロエちゃん・エビスくんが出逢い一緒に生きてきたのは、偶然てはなく必然なんだとも感じました。クロエちゃんのこと、教えていただいてありがとうございます。ずっと私の心の中でも生き続けると思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
まゆりん

いつもブログを楽しませて頂いております。この度の本は、手に取って、何処でも読めるので即買いでした。私も愛犬を亡くした経験があり、ペットロスの辛さを追体験する怖さがありましたが、ページをめくる度、愛犬への愛が溢れ出てくる作品。一気に読むのはもったいなくて、大事に大事に1頁ずつ噛みしめ涙ぐみながら読んでいます。素晴らしい作品を有り難うございます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ふらっしゅまま

一気に読みました。ゆうさんのクロエちゃんに対する愛情が本当にまっすぐで素敵で、私も長年犬や猫と生活をしているのですが、ゆうさんのように動物と生活が出来たらお互いHAPPYが止まらないだろうな、と思いました。動物を飼う以上自分より先に亡くなってしまうのは当たり前だし、動物よりも自分が先に死んではいけない、といつも思っていますが、後悔のない犬猫ライフをもっと楽しみたいと思わせてくれました。ゆうさんありがとう。チェイスやモリゾーやファームのみんなの日常、これからも楽しみにしています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
☆あき☆

何年になるのかわからないくらい、恐らく2頭ともヤングのころからのブログの読者なので、この本のエピソードは全てリアルタイムで読んでいました。クロエちゃんがお空に旅立った時には会社のトイレで号泣したなぁ、って思い出しながら読みました。
コアラ師匠とのくだりも、あの頃は船に乗ってイギリスに帰ってそれきりだったし、ゆうさんもこんなに辛かったなんにブログ読者には全然感じさせないようにされてたんですね。。。でも最終的にクロエビスもゆうさんも幸せで良かった!
クロエちゃんもエビちゃんも幸せだった記憶を持ったままお空に帰ったから、きっと周りに沢山ワンコさんたちが集まってクロエビスのお話を興味津々で聞いてるんでしょうね~。たぶんモリゾーくんはその中の一頭で、僕もシアワセになりたい!ってゆうさんのところに来たんじゃないかしら。
そんなことを考えながら、羊の国のゆうさんと動物たちを応援しています。(^^)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
りんご

またクロエちゃん会えた気がして、とても嬉しくなりました。14歳になった我が愛犬、一緒にいられる時間がどれほど大切かも教えていただきました。愛情を注いで大事にしたいと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
yumyum

ずっとブログを愛読しています。
ただただ素敵な本でした。クロエビ、ありがとう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Chiyocolate

きっと泣けちゃうからと、買ったものの読むのに勇気がいりました。案の定苦しくて涙が流れるのを止められませんでしたが、最後は笑顔にしてくれるゆうさんとクロエちゃんとエビスくんの素晴らしい本でした。家族との別れはいつか必ずありますが、それで終わらない、そこからまた生きていく力をもらいました。最後の番外編のシュールな笑いが、もうツボ(笑)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
バニラファッジ

しっかり者のクロエちゃんのエピソード、改めて楽しく読ませて頂きました。
もちろん最後は涙涙…でしたけれど。
合間合間にエビちゃんがクスッとさせてくれて、クロエちゃんもシレっと笑かしてくれる。笑
ゆうさんの大きな大きな愛があったからこその犬生だったんだなぁと、最後に心に温かいものが残る素敵な本でした。
実際に出会ったことも触れたこともありませんが、クロエちゃんもエビちゃんもずっと私の心に残るワンちゃんです。
本当にかわいかった!!
チェイスを始めとした今の生活も、とても楽しみにしています♡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Rise

最近、早め早めの終活を目指して本も買わず、図書館でを実行してます。
でも、この本は手に入れて良かったと心底思います。
ずっとゆうさんのブログを読み続けていたので、懐かしい話もありました。
C.Kの話、そしてマカロンさんの言葉最高でした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Nonono

涙が止まりませんでした。相手を思う気持ち、切なくなるほど純粋で無条件な愛を感じます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
たか

ずっとブログで親しんでいた羊の国のクロエちゃん。
ちょうど、我が家の老猫も同じ頃に旅立ったのでゆうさんの思いと自分の思いを重ねながら読みました。
虹の橋のたもとでの再会が楽しみになりました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ふわふわさんちのうさこ

いつもブログ楽しく読ませて頂いてます。
ステキな本でした!ヤングを購入できなかったのが、本当に悔やまれます。。(電子書籍は環境がないので…)
こちらのブログには、本当に元気をもらっているので、これからも楽しみにしています。
エビスくんの本も待ち遠しいです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
purin

目次を見ただけでうるうるきてしまいました。
ブログだけでは分からなかったゆうさんの葛藤や奮闘ぶり。クロエちゃんやエビスくんとの絆の強さ・・・その全てに涙が止まらず。
そして今のテオテオファームのメンバーも含め、ゆうさんのところに辿り着けた動物達は本当に幸せ者だなとあらためて感じました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
にこ

泣きました。涙が溢れてきた、と言ったほうがいいかな。
クロエちゃんもエビスくんもゆうさんもマカロンさんもコアラ師匠も、みんなみんな抱きしめたくなりました。
これからまた読みます。きっと何度も読み返すでしょう。
そして現在シニアである愛犬を、もっともっと愛おしく想い、残された日々を楽しく暮らそうと思わせてくれた本です。
ゆうさん、クロエちゃん、どうもありがとう!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
shibanew

いつもブログを楽しみに拝見しています。
我が家は猫ですが、(ブリーダーから2匹➕保護2匹)上の2匹が10歳になり、ああシニア世代だなーと思う事が増えてきていて状況が重なることもあり、泣きながら読みました。
でも、同時に良い意味での覚悟というか、その時までどう過ごすか気持ちが固まったのもあり、読んで良かった、私は間違っていないと確信が持てました。(実は私もシニアになっていく猫との生活に向けて働き方改革をしたばかりなんです)
ありがとうございました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
エグリン

読ませていただきました。ただただ、ゆうさんの愛情の深さに心が震えます。最後はいつか来てしまうものですが…それが正直怖くて仕方ありませんが…この本を読んで、心構えというか…どう迎えることが、ウチの子が安心して旅立てるのかを考えようと思いました。ありがとうございました!本当に読んで良かったです!、

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ライの母さん

ゆうさんのブログをいつも読んでいます。この本にはクロエちゃん、エビスくんが、ニュージーランドの自然の中で暮らしている姿が生き生きと描かれていました。ゆうさんの人柄が、本の中に溢れていて、素敵な本でした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
marie

大好きなクロエちゃんの最期の話、エビス君との関係性が描かれてあり、涙涙で読み終えました。ありがとうございました。買ってよかったです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
れもんママ

読ませていただいたこの気持ちを ゆうさんにお知らせしたいけれど、うまくお伝えできそうもなくコメントを躊躇しておりました
ゆうさん よくぞこの本を描いてくださいました
きっと胸が潰れそうな事もあったでしょうに
この 愛 でできている本を大切に大切にします
ありがとうございました
チェイスをはじめ、ファームのみんなによろしくお伝えくださいね

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Kayo

もう何年になるでしょう。ゆうさんのブログを読みはじめて。富士丸君の所から来てゆうさんの所、かなこさん、のりさん沢山のワンコ達の日々を見てきました。私自身愛犬のウエスティを20170309に亡くしゆうさんの痛みを同じく経験しました。
涙が止めどなく流れました。頑張るゆうさんを見て私も頑張ろうと前を向こうと思いました。
愛犬家さんには是非読んでもらいたいです。素晴らしいです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ヤッチママ

あっという間にsoldとなってしまいましたが、ギリギリ読むことが出来ました。本当に良かったです。 涙無くしては読み進めていくことが出来ず、あの時にこんな事があったのだと、思いを馳せています。 私はまだ、もしかしてこれからも次の子を迎える事は今はありませんが、一人暮らしでなければ、今も犬のいる暮らしの時の素晴らしい重ね方をまた日常として経験できたらいいなとこの本を読んで認識したのです。 クロエちゃん、エビスくん、そしてチェイスにフォレスト、他の愛しい皆と、辛かったであろうこの本を完成させたゆうさんに心からの有難うを。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
真亜子

ブログには載せきれなかったたくさんのことが書いてある一冊でした。
あっという間に読み終わるんですが、なんども読み返す。そんな本です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Kimm

図書館でラブラドール絵日記を読んでから なんてキュートなワンコたちと 大ファンになりました 我が家もラブラドールを迎え ブログを拝見しておりました 飼った以上はきちんと幸せに見送る その事をクロエちゃんの本で再認識 です そして 遠くへ行ってしまった気がするけれど そこにいる そしてそこにはみんな順番に必ず行く ちょっとお先にいっているだけ そう強く思います ワンコワンコそれぞれに向き合って みなゆうさんと共に暮らしたワンコや動物たちは 絶対幸せでしたね 素敵な本をありがとうございました

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
くろ

ゆうさんの思いの伝わる一冊です。私の大事な一冊になりました

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
macha

種を越えた強い絆に感動です。ずっーと昔から、ユウさんとクロエちゃんは一緒だったみたい。親子だったり姉妹だったり。そしたら お姉ちゃんはクロエちゃんだね(笑)私の愛犬もいつか年をとり、赤柴から銀柴に変わるでしょう。歩けなくなってもバギーで今までとは違ったゆったりとしたさんぽをたのしみます。ありがとう ユウさん。いつでも あなたは私の先生です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ムゥ母

羊の国ラブラドール絵日記大変良かったです。
私も2011年までラブちゃんが家族でした。15歳3ヶ月で虹の橋を渡りました。クロエちゃんとエビスのエピソードが重なって涙、涙で一気に読んでしまいました。感動です!
我が家のラブちゃんもいたずらと食いしん坊では負けていませんでした。でもとっても心も優しいワンコでした。
これからもずっと応援しています(^^)/

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ラブコママ

読み終わったあと、静かな感動ですしばらく動けませんでした。
愛とユーモアと優しさが詰まった素敵な本です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
直子

クロエビスの懐かしいエピソードを楽しく読ませていただきながらところどころ、というか楽しい思い出にすら涙が出てしまいました。我が家もこれからシニアになるので期待と心配の入り混じった複雑な心境です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
まみちゃん

この年末年始のお休みに読ませていただきました♪ゆうさんとクロエちゃんの絆の深さ…ブログもずっと読ませていただいてましたが、この本を読んで、さらにさらに強く感じました。ゆうさんがこの本を書くにあたってステキな思い出も胸が苦しくなる思い出も思い起こしながら描かれていたのだな…と思うとますます涙が止まりませんでした。我が家のマサキチも一昨年お空組になってしまいましたが、一時も忘れた事はありません。マサの毛の感触、におい、ひとつも忘れたくなーい!と思っています。ゆうさんのファームにかわいいモリゾーくんが仲間入りして、マサとのパピーの日々も思い出す事ができてシアワセのお裾分けをいただけてとても嬉しいです♪これからもゆうさんのブログ楽しみにしています!ファームのみなさんが今年も健やかで穏やかで幸せな1年を過ごせますように…遠く日本からお祈りしています♪
ゆうさん ステキな本をありがとうございました!マサのそばに置いて、大切に大切に何度も読ませていただきますね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
yuri

ゆうさんと気持ちが繋がったクロエちゃんたち、お互いに幸せを分け合っているのだと感じました。素敵です!!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ぽん

シニア犬との関わり方だけではなく、クロエちゃんとの絆の強さを改めて感じました。犬が好きな人はぜひ読んで欲しいです!!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ミント

うちにはクロエちゃんと同い年のラブラドールがいるので、肝心の虹を渡ったところは読めていませんが、ラブラドールとの生活は大変だけど、犬との接し方、素晴らしい関係性をどうやって作っていくかや命の大切さなど、楽しいだけではなく、いろいろ考えさせられました。
きっと、これからも何度も読み返すと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ラブラドール大好き

絵が可愛くて、ラブラドールの特徴を押さえていて素晴らしかったです。
私も愛犬のラブラドールを亡くしたので、この喪失感をどうしたらいいのか、
最後に答えが載っているのかな、と思いましたが、やはりそうですよね。どうしようもないですよね。
でも、エンジェルクロエちゃんに救われてます。
うちはこんなに雄弁じゃないなあ、と思いながら。
ありがとうございました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ami

ブログを読ませていただいている者です。
やはり今回も、購入して良かった。ゆうさんの愛情が、いっぱい伝わってきます。これからも応援しています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
よう

クロエちゃんとの日々、絵日記ヤングには書かれていなかったクロエちゃんのエピソード、楽しく、また時には涙ぐみながら読ませていただきました。
ゆうさんにとって、クロエちゃんがどれほど心の支えだったのかが伝わってきました。
エビス君、チェイス君、テオさん、王様がメインの本も期待しています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
tomoko

メルティングポットの頃からゆうさんのブログを読ませていただいていたので時の流れを深く感じて読ませていただきました。クロエちゃんは本当に欠けがえの無い存在だったのですね。最後は涙が止まりませんでした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jori

面白いけど 切ないゆうさんのエッセイ。
爆笑しながら 切なくて涙が出てきました。今までブログで何気なく読んでいたことが 実はもっと深く思いがある込められていたんですね。
動物と暮らす方たちにとってもおススメのが一冊です。わたし友人でラブラドールと暮らしている方にクリスマスプレゼントとして贈りました。
早い申し込みだったので カード特典も頂けて嬉しかったです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ザウルス

届いて本を手にとった瞬間にうるうる…読みながら大号泣しました。いろんな思いがあふれました。ゆうさんありがとう!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ここ

もう何度も読見返しています。涙を流しながら。。。
ゆうさん、クロエちゃん、エビちゃんの絆が素晴らしいです。
大切にします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
neko

ただただ号泣

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
くま

大切なクロエちゃんとの深い絆をとても感じました。わたしもラブラドールと暮らしています。愛情たっぷりなさんたの表情に何度も救われています。
悲しいクロエちゃんとの別れを経験されてその経験からまた深い絆が生まれていくのだなと思いました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
さんた

ゆうさん、クロエビス、テオテオファームにいる全ての人や皆から、深い愛を感じました。
ブログで見ていたhappyな毎日の裏側で起こっていた現実に、驚きと悲しみ、そして希望を貰いました。
この本を読んだ直後に、インスタでモリゾーをみて、本当に嬉しかったです。
ゆうさんが描く、続編を楽しみにしています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
kao

とても素敵な漫画とエッセイで、ニュージーランドに行きたくなります。ゆうさんお一人で大変なことも多いでしょうに、明るくパワフルにお過ごしのこと素晴らしいな~と感動しています。第2弾のエビス君編も楽しみにしています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ふきふき

こんにちは。我が家のラブも3年前に11歳で虹の橋を渡りました。雪の降るとても寒い日でした。色々なことを思い出しながらこの本を読ませて頂きました。ブログもクロエちゃんやエビスくんと我が子を重ねながらずっと楽しく拝見してました。もう私は新しい子を育てる余裕はありませんがいつもゆうさんのブログで心を癒されてます。ありがとうこざいます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ぷりん

何年も前からずっとゆうさんのブログを楽しく拝見してます。とっても笑わせてもらったり、とっても勇気付けられたり。今回のクロエちゃん本は、ゆうさんの気持ちをまとめた集大成ですね。 知り得なかった部分も温かい気持ちで読めました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Pukeko

号泣しました

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
inbizu

クロエちゃんとの想い出を読んで、ひたすら涙が溢れて、なかなか次のページがめくれませんでした。私も愛する猫を今年の夏に亡くし、とても辛かったけれど、お空の子達のメッセージに心が救われていきました。ありがとう…

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ゆきこ

クロエちゃん、エビスくん、ゆうさんの何気ない日常に爆笑しながらNZの暮らしぶも伺える色んな意味でおトクな1冊です。
シニア犬との暮らしにも四苦八苦しながら楽しく愛情たっぷりでユーモアな家族をそばに感じられました。
ペットを飼っている者に必ず訪れる瞬間と葛藤を踏まえつつ、読み終わった後も希望を感じました。ひとえに作者の方のお人柄愛情深さを感じます。
保護犬、引退犬へのサポートの形、私なりに考えてみようと思わせていただき感謝します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Risa

ブログでいつも拝見していたクロエちゃんにまた会えて嬉しかったです。
最初から涙がうるうるで、読み進むのが大変でした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
うめ